異業種社員チームによる「(美瑛町)地域課題解決プロジェクト」報告会に参加してきました(その1)。

3月24日(火)、一般社団法人 経営学習研究所主催の【異業種越境型「リーダーシップ研修」をデザインする!?「丘の街」美瑛で展開する次世代型リーダー養成スクールの衝撃】に参加してきました。個人的には、平成26年度というラーニングイノベーション論イヤーの締めとなるイベントでした。このイベントは、HRアワード2014を受賞した、異業種社員チームによる、北海道・美瑛町地域課題解決プロジェクトの報告会でもあります。
 
 
会場は、内田洋行東京 ユビキタス協創広場 CANVASでした。受付開始10分前に着きましたが、そのまま受付をしていただけたので、一番乗りで会場へ。中原先生をはじめ、各社の人事部と思われる方々が準備をされていました。その雰囲気は伝説の(?)ラーニング・バー。おしゃれな雰囲気で、人事部でもない私はちょっと戸惑いつつも、最前列の良さそうな席を確保しました。

f:id:solworks:20150325213653j:plain

しばらくすると参加者は飲み物を受け取るようにアナウンスされ、始まるまでの間、歓談の時間を持ちます。徐々にラーニングイノベーション論のアラムナイ(卒業生)の皆さんや、先日の焚き火ワークショップで出会った人たちの顔も見え、話し相手ができて少し安心しました。偶然、私と同じ組織の職員も来ていました。
 
最初に、いつものように中原先生から「聞いて、聞いて、聞いて、帰る」ではなく、「聞く、考える、対話する、気づく」ようアナウンスがありました。「聞いて、飲んで、考えて、酔っ払う」ではありません(笑)。その後、(1) リーダーがどのようなものかという研究はほぼ出尽くしているが、リーダーをどう育てるのかという研究はそもそも少ないこと。(2) 美瑛町プロジェクトは、リーダー育成と美瑛町の地域課題を解決するという2つの組み合わせであること。(3) ベンダー任せではなく、各社の人事部が手弁当で作ったということの説明がありました。

f:id:solworks:20150325220400j:plain

 次にヤフー執行役員の本間浩輔さんの登場。お噂はたくさん聞いていましたが、初めて生でお話を伺いました。従来のリーダーシップは本当にこれでいいのか。人事を手段として見ていること(会社が勝つためのもの)、神戸大MBAでの自身の失敗談、何を学ぶかよりも誰と学ぶかが大切である、という話がありました。
美瑛町プロジェクトについては、人事評価もなく、上下関係もない、その中で課題解決をしていく。そういった場を作りたかった。そして、異業種のトップ人材が集まる中で、目の前の5、6人を説得してゴールへ向かってスカーンっていくような態勢を作るなかで、本当のリーダーシップが作られると話をされていました。
※時間があればご挨拶したかったです。。。

f:id:solworks:20150325220513j:plain

 本間さんの後を受けて、ラーニングイノベーション論第5期生のエース、ヤフーの池田潤さんから、美瑛プロジェクトの具体的な進め方などの説明がありました。中原先生のサポートも受けながら、運営の難しい異業種研修をどのように進めていったのか、段階ごとに説明がありました。短い時間ではありましたが、ユーモアを交えながら、コンパクトに多くのことを説明していただけました。多くの方が写真メモをとっていました。

f:id:solworks:20150325220707j:plain

 その後は、参加者同士、ドリンクや軽食をとりながらブレイクタイム。私も顔見知りと話をしたり、その知人を紹介したり、紹介されたり、初めての方と名刺交換等をしたりと、他の参加者との交流や語りを楽しみました。