准ファンドレイザー認定必修研修を受講しました。

准ファンドレイザー認定必修研修を受講してきました。

 会場は神奈川県の海老名にあるリコーのFuture Hallというオシャレな施設でした。

 

f:id:solworks:20170520211100j:plain

 ファンドレイジングというのは、非営利組織が活動のための資金を集める行為をいいます。

 

英語だとわかりにくいのですが、日本語にすれば「資金調達」のことです。

寄附等により資金を集め、非営利組織に仲介する役をファンドレイザーといいます。

非営利組織の資金調達の専門家という感じです。

 

昨年度から仕事として市民活動支援を担当していますが、非営利組織の最大の課題である資金調達のことを知らずして仕事ができるか!ということで、ざっくり全体を知るために、この講座を受けてきました。※仕事ではなくプライベートでの受講です。

 

テキストは赤いバインダーに綴じられていて、約350ページのボリューム。なかなか迫力がありました。

f:id:solworks:20170520211110j:plain

 

1日研修でしたが、ファンドレイジングとは?から始まって、資金調達する前に団体としてすべきこと、活動をどのように社会に伝えればよいのか、寄附を促進する心理的効果、会計や税制、会員制度、寄附、助成金などなど、資金調達全体を網羅する内容でした。講師の方が、ジェットコースターのような内容量と言っていましたが、幅広くてそのとおりでした。とても面白かったです。

 

f:id:solworks:20170520211050j:plain

 

私の場合、ソリューション・フォーカスという心理系の問題解決手法を用いていますし、人材育成も学んでいます。税金の仕事も経験がありますし、自分自身、毎年一定金額の寄附をしていますので、寄付者としての側面ももっています。さらに、仕事でもNPO法人の認証等もしていますので、割とすんなりと、すでに持っている知識と今回の研修内容とを関連付けることができ、知識の活用の幅が広がりました。

 

せっかくなので、もう少し勉強して、准ファンドレイザー認定試験を受けてみようかと思います。

 

講師の徳永 洋子さん、脇坂 誠也さん、浅井 美絵さん、ありがとうございました。

 

※帰りは小田原経由で帰りましたので、小田原駅で駅弁の小鯵押寿司を買って新幹線の車内でいただきました。

 

f:id:solworks:20170520211114j:plain

 

参考

【東京・神奈川・大阪・岩手開催】体系的にファンドレイジングを学べる唯一の基礎研修 | イベント・研修・スクール | 日本ファンドレイジング協会