ソーシャルビジネスセミナーin 静岡(講師 秋元祥治氏)

本日7/19(水)は、ふじのくにNPO活動センターで行われた、ふじのくにソーシャルビジネス支援ネットワーク主催の「ソーシャルビジネスセミナーin 静岡~「ソーシャルビジネス」のお悩みを解決~」に参加しました。講師は、G-net創業者であり、岡崎ビジネスサポートセンター(Oka-biz)センター長の秋元祥治さんでした。

 

今回は、Oka-bizでの取り組みというよりは、NPOの創業についてG-net創業の話も含めてストレートにお話いただきました。関係者にとっては痛い話も多かったとは思いますが、とても参考になる内容だったと思います。

 

いろいろな話のなかで、個人的に興味深かったのは、次の3点です。

 

(1) G-netインターンシップ事業に関連して、今の大学生はリクナビマイナビで就職先を探すので、そこに載っていなければ大学生にとって存在しないのと同じ。岐阜県で調べたら、中小企業83,000社のうちわずか180社しか掲載されていなかった。

現状の中小企業は、そもそも勝負の土俵にも載っていないということですね。人口減少対策としても重要なポイントだと思います。また、NPOの活動も、ネットで検索して見つからなければ同様ですね。

 

(2) NPO法人制度ができた10年前だったら、NPO(市民活動)支援センターの役割は、法人設立運営手続きのサポートや印刷設備等の提供で良かったが、これからは事業支援、経営コンサルであるべきだ。

事業支援については、従来のNPO(市民活動)センターが担うというよりは、起業(産業)支援センターに関わってもらった方が取扱件数から考えても適当かと考えています。起業(産業)支援センターとの連携をどのように深めていくのか重要だとあらためて感じました。

 

(3) 成果の定量化の重要性。いかにわかりやすく成果を定量化するか。それとともに、定性的な物語ストーリー。これをバランス良く発信していくことが重要である。

endevour impact reportというものをご紹介いただきました。同じものかわかりませんが、次の資料が同じ団体のものだと思います。数字の表現の仕方も興味深いです。

http://endeavor.uberflip.com/i/740826-endeavor-impact-report-2015-2016/0?

 

他にもいろいろな話がありましたが、とても参考になるとともに、自分の考えを整理するよい機会にもなりました。

 

このような機会を提供いただいた、日本政策金融公庫をはじめとする、ふじのくにソーシャルビジネス支援ネットワークの皆さま、ふじのくにNPO活動センターの皆さま、ありがとうございました。

※上記の見解は個人としての見解であり、所属している組織の見解ではありません。

f:id:solworks:20170719222233j:plain